資源マップの追加

12月4日、1.7.2で生成した資源マップ「sigen2」を追加いたしました。

サバンナやメサ、ルーフフォレスト、小さいながら氷樹などもあります。
1.7.2の新地形はかなり数が多く細分化されているため、全部があるというわけではありませんが、
1.7.2を十分に味わえるかと思います。

また、今回のマップはジャングルが多くなってしまっていますが、何故か1.6以前に比べ重くなっているような気がします。
ジャングルへ行く際にはカクツキにご注意ください。

ネザーとエンドの追加は行っていません。

このマップへは、スポーン地下のゲートフロアではなく、スポーンから降りてすぐ右の、一時ゲートから移動可能です。

マップの形が円ではなく四角形ですが、仕様です。

Dynmapにボーダーが表示されていないことがあるかも知れませんが、設定はされています。

このゲートは、1.6.4生成マップの終了時となる12月20日と同じ時に削除いたします。
ゲートと同じく、「sigen2」も削除し、その後は1.7.2生成の資源マップは今までどおり「sigen」として更新されます。

その他変更点

サーバーアイコン

1.7から使えるようになった、サーバー選択画面に表示されるアイコンというものがあります。

それを仮ですが、設置いたしました。
(なんか寂しかったのでとりあえずという感じです。)

本物の用意ができ次第、仮アイコンは置き換えられます。

表示チャンク数について

Minecraft1.6.4までの仕様では、表示の限界は「Far」の10チャンク先までというものでした。

それが1.7になり、最大値が16チャンク先までというものに変わっています。

各自ユーザーは設定により変更可能ですが、サーバー側にもこの設定があり、通常は10チャンクとなっています。

これを試験的にですが、12チャンクまで表示可能なようにいたしました。
今までよりも最大32ブロック先まで見ることが出来る様になるということです。

ですが皆さんご存知のように、表示範囲を広げれば広げるほど、PCのスペックが必要になってきます。

チャンクの表示数は、「Far」の10チャンクの場合、
自分の立っているチャンクを別とした、前後ろ10チャンクずつ、
つまり一辺が1(自分のいるチャンク) + 10(前方) + 10(後方) = 21チャンクの四角形となります。
「Far」の状態では、21 × 21 = 441チャンクが表示されることになりますが、12チャンク表示だと、
(1 + 12 + 12) × 2 = 625チャンクとなり、
「Far」と比べ、約1.4倍表示による負荷がPCにかかることになります。

自分のPCスペックと相談しながら試してみてください。

停止しているプラグイン

Bukkitが1.7.2に対応したばかりで、各種プラグインはまだまだ1.7.2で開発されたという状況ではありません。
そのため、不具合が出たり、停止せざる負えないプラグインがいくつかありました。

Chairs

階段が椅子になるやつです。エラーが出たため停止中。

Citizens

NPCを追加していたプラグインです。エラーのため停止中。

RecipeManager

サーバーオリジナルレシピを追加していたプラグイン。オリジナルレシピが作れなかったので停止中。

FlatBedrock

岩盤を平らにしていたやつです。サーバー停止時にエラーが見えた気がしたので停止中。

CoPoを貰えるようにしているプラグイン

エラーのため停止中。現在いくらブロックを設置したり壊したりしてもポイントが手に入りません。

これらのプラグインを停止させているということは、これらのプラグインの効果が無くなっているということです。
ご不便おかけします。

今後これらのプラグインに最新版があるか、エラーはないかなどの確認を行い、問題がなければすぐに導入いたします。

また、上記にない1.6の時に止めていたプラグインなどもあり、そちらも平行して確認作業を行っていきます。

言い訳

コランダムでは、導入しているプラグインの数が比較的多く、これらの作業に時間がかかるため、
新メインワールド関連のことが遅れる可能性があります。

ご了承ください。