4月8日 ネザーの拡張

ネザー(world_nether)の半径を4000ブロックへと拡張しました。

 

4月6日 メンテナンス

06:00から13:00までの間、PC内の掃除やファンの交換などのためサーバーを停止していました。

また、ワールドの半径を6000ブロックへと拡張しました。

 

4月3日 ワールドの再拡張

メインワールドの半径5400ではまだ拡張が足りないと判断し、再度拡張を行いました。

 

3月31日 初見さんアパートの半自動化

初めてサーバーに来た人が仮の住まいとして使えるような施設のことを初見さんアパートと

呼称していますが、スポーンに近いアパート2つの半自動化を行いました。

今まで初見さんアパートを使用する場合はチェストの保護や誰が入居しているのかなどの看板の管理など、

手動だと手間がかかっていた部分の管理をプラグインで行うようにしました。

 

3月29日 ワールドの拡張とその他

ワールドの拡張

前日行ったワールド拡張をさらに拡張する形で拡張を行いました。

メインワールドの半径は5400ブロックとなります。

今後のバージョンアップやワールドの使用状況次第でまた拡張することもあるかと思いますが、

しばらくこの大きさで行こうと思います。

RecipeManagerの修正

レシピマネージャーで追加していた「苔石」、「苔石レンガ」、「ひびの入った石レンガ」、

これら3つのレシピを削除しました。

これらのレシピはMinecraft1.8で公式レシピとして追加されていました。

また、精錬レシピの一つをHPに公開し忘れていたため追加しました。

 

3月28日 色々

ワールドの拡張

前々より言っていたメインワールドのボーダー拡張を行いました。

半径4650ブロックから半径5250への拡張を行いました。

Dynmapの一部機能を停止

Dynmap の world にあった夜の表示を行うボタンを停止しました。

RecipeManagerページの更新

サーバー独自クラフトレシピを追加しているプラグイン、レシピマネージャーの情報を更新しました。

レシピマネージャーのページへ

 

3月25日 燃焼かまどの修正

RecipeManagerによって追加している精錬中でなくとも燃焼しているかまどですが、

なめらかな石同様、インベントリ内でのテクスチャがおかしいという問題がありましたが、

それを頭ブロックにより代替しました。

 

また、滑らかな石を何で壊してもアイテムがドロップしてしまう問題を修正しました。

同じく、ツール類で壊した場合、ツールの耐久度が減らない問題を修正しました。

 

3月23日 JapanizeChatの機能追加

JapanizeChatの機能を有効にしてチャット入力を行う際、ローマ字でチャットを入力した後、

Tabキーを入力することにより変換後どう表示されるかを教えてくれるようになりました。

これにより、チャットの送信(Enterキー)をする前にどう表示されるかの確認が行えます。

 

また、JapanizeChatを使用している場合のチャット形式を不使用の場合に合わせる形で少々変更いたしました。

 

3月21日 なめらかな石の修正

RecipeManagerによって追加していたなめらかな石ブロックですが、Minecraft1.8程よりテクスチャの異常や、

そもそもアイテムが作れなくなるなどの問題が起きていました。

それを頭ブロックにより代替する形で何とかなめらかな石を使うようにすることが出来ました。

なめらかな石のクラフトレシピも少々変更を加えました。

翌日追記:

下から頭上にあるブロックに設置できないなどの問題を修正しました。

 

3月19日 サーバーダウンについて

18時25分程にサーバーがダウンしました。

停止時間自体は5分ほどです。 影響は殆どありませんでした。

 

3月17日 独自機能の追加

サーバーへのログイン時とワールド間移動時にワールド名を表示させる機能を追加しました。

この機能は「 /help 」もしくは「 /? 」というコマンドを使うことにより表示されるメニューによって、

表示、非表示、または簡略表示を切り替えることが出来ます。

 

3月16日 Ocean monument(海底遺跡)について

主要ワールドである「world」にて、Minecraft1.8より追加された海底遺跡を出現させました。

幾つかは既に自動生成されていましたが、一部しか生成されていないものや全く生成されていない遺跡が多く、

それを正常になるよう、同一SEED値で生成したマップから座標を合わせて移設した形となります。

 

3月14日 プラグインの更新

ユーザーの建築物を守る目的で導入している WorldGuard プラグインを最新版へ更新しました。

これにより、クリーパー爆発保護が機能していないという問題点が修正されました。

 

3月11日 サーバーのアップデート

サーバープログラムを Spigot1.8 から CraftBukkit1.8.3 へ変更いたしました。

ユーザーが利用可能なMinecraftバージョンは 1.8 、 1.8.1 、 1.8.2 、 1.8.3 となります。

 

また、メンテナンスの際のデータの取扱には万全を期していたつもりでしたが、

予想外のことがいくつか重なり 3月11日05:00時から17:00時程 までのデータが消えてしまいました。

プラグインの機能によりこの時間帯に変更していた建築物などがあればそれは再現可能です。

被害に合われた方がいましたらご連絡下さい。